TOP会社概要 > 沿革

沿 革

1968年  直流マイクロモーターの整流子の用いる銀入り銅パイプを主要製品として、斎藤明が埼玉県志木市に北光金属を設立しました。 
1969年  一般電気接点用材料として、銀合金の板・条・線・棒・パイプ及びクラッド製品の製造を始めました。 
1971年  銀ロウ、リン銅ロウの製造を始めました。
 
1973年  銀ロウ、リン銅ロウの線材の生産拠点として、岩手県金ケ崎町に北光金属の姉妹会社である中通貴金属工業を設立しました。
1977年  線材、棒材用の600トン熱間押出機を設置しました。
 
1979年  北光金属の第三の生産拠点として、福島二本松市(旧岩代町)に岩代工場を建設しました。 工場設立後、適切な設備投資を行い、貴金属クラッド材を中心とする銀合金、銅合金の製造設備を拡張し続けて来ました。
1987年  東京中小企業投資育成会社の審査経た投資を受け、資本金 4,800万円となる。 
1992年  中通貴金属工業に高周波溶解炉と1000トン熱間押出機を設置し、銀ロウ・リン銅ロウの一貫製造ラインを完了しました。
1996年  中通貴金属工業に1500トン熱間押出機を増設し、品質並びに製造能力を向上させました。
1998年  品質の向上、安定の為に、板・棒・線材用の連続鋳造機、並びに研究開発の為に電子顕微鏡・微小部分分析装置(SEM/EDS)を設備しました。 
1999年  斎藤宏通 代表取締役就任 
2004年  関東経済産業局より「IT活用型経営革新モデル事業」に採択され、独自の生産管理システムを構築し、マスコミ等に取り上げられ高い評価を得ています。 
2006年  電気製品用貴金属クラッド製品を製造販売する目的で、中国江蘇省の蘇州市南に隣接します呉江市経済開発区に、「蘇州宏光金属有限公司」を設立。
2009年  ISO9001(2008年版)の認証を取得しました。 
2010年  環境マネジメントシステムのエコアクション21認証取得に向けて、キックオフしました。

TOP製品・用途設備企業情報採用情報お知らせお問い合わせSitemap